2005年 05月 22日 ( 1 )
元祖芸人とエラスネツの預言書。

この頃はまだ布服だったのね。(杖:・・・二日前まで着てたがな。









あう。今日は画像がアップロードできないっていうトラブルがエキサイトブログ内の各所で起こってるみたいね。えこもどうしようかって思ったんだけど、自分のサイトエリアから引っ張ってくることにしたた^^
サイトエリアを持ってると、こういうとこが強みね^^;

さて。随分前に受けた依頼なんだけど、世界のあちこちに落ちてるエラスネツの預言書元祖芸人に渡せば読んでくれるというので、えこ、集めてたた。
それが昨日、レイウークの森に寄ったときに全部そろっちゃったので、今日はまとめて読んでもらうことにしたた^^

預言書は、こんなかんじで落ちてるる。

こんなとこに放置されても朽ちない本からなにか不思議な力を感じるる・・・






これは預言書に出てくる四柱の絵ね。

世界の果てにあるという4つの柱と、中央のエリムの柱。・・・世界はこの五柱で支えられているというる。





預言書には四人の英雄たちと闇の神、ガラドリエルとの戦争について書いてあったた。

・・・今から300年前、世界を滅ぼした闇の神ガラドリエルをたった10歳で封印したエラスネツは、300年後の未来に闇の神を崇拝するバリエ教団によってガラドリエルが再び復活することを予言するる。
復活したガラドリエルの勢力は光の神を崇拝するエリオス教団とエリム城を守る親衛騎士団を打ち負かし、再び世界を滅ぼすだろうと。
・・・でも、実際には世界は滅びなかったた。
ディリアン王子という人がこの予言に備え、城の外で市民団を育成していて、この市民団によって、エリムは滅びをまのがれたというるる。
「未来を決めるのが人間の限界の為なら、未来を変えるのは彼らの可能性のおかげです」
・・・未来とは、予言のことかしら。そしてそれは、今も続いているのね。

あうう、人間の神の話はややこしいねー^^; 光の神は何もしてくれないし、いつも闇の神ってば大活躍だし・・・
えこの村にもね、こんな伝承があるる。
『神がこの世界を作り、人を作り、通貨を作った。でも新500円玉は使えない自販機が多くて不評だった』ってね。えこ、神が何したかったのかわかんないよ。

あと、今日はダロス騎士団の人たちと、
クルドダンジョンに行ってきました^^

騎士と僧侶と魔法士で行ったんだけど、僧侶はずっとえこ専任で・・・^^;
そしたらこんなこと言われたた。

よけいなお世話だっ!
[PR]
by ecolyte | 2005-05-22 20:27 | サブクエスト
2003-2004 GRIGON Entertainment. Co., Ltd.
2003-2004 YNK JAPAN Inc.
2004 KESPI Co., Ltd.